日帰り白内障手術

白内障とは

白内障は、眼の中でレンズの役割を担っている水晶体と呼ばれる部分が濁ってしまう病気です。その原因の多くが加齢で、60歳以上になると7割の方が、80歳以上になるとほぼすべての方が白内障になると言われています。一方、40代でも発病する人はおり、若いほど進行スピードは早い傾向にあります。少しでも以下の症状がある方は、早めに検査を受けるようにしましょう。

白内障の主な症状

  • 視野がかすむ
  • まぶしい
  • 見えづらい
  • 視力が低下する

白内障の診断と治療

眼が見えにくくなったからと言って、必ずしも白内障が原因であるとは限りません。まずはきちんと検査を受けて、原因に合った治療を行うことが重要です。

そして、白内障であると診断された場合は、目薬で経過観察をするか、手術を受けるかを選択することになります。手術を受けるかどうかの基準は明確にはありませんが、「生活に支障があるようであれば手術を受ける」というのが一般的です。

日帰り手術について

白内障は手術で治ることがほとんどで、眼科根崎医院でも日帰り手術を行っています。入院する必要がないため、お仕事への影響も最小限に抑えることができます。

日帰り白内障手術の流れ

診察

まずは事前に診察を受け、白内障であるかどうか、手術を受けるかどうかを確認します。
手術を受けられる場合は、日時を決めます。

術前検査

安全に手術を受けていただくために、網膜の検査や血液検査を行います。

内科受診

全身疾患があるかどうかを確認するために、一度内科を受診していただきます。

事前確認

内科での診察結果を元に、手術を受けていただけるかどうかを確認します。
また、手術の進め方や注意点などをご説明します。

3日前

手術3日前から、抗菌薬の点眼をしていただきます。

手術

ご予約の日時にお越しいただき、手術を行います。
手術は15分程度で終了します。

安静

少し安静にしていただき、問題がなければお帰りいただけます。

翌日以降

翌日朝一で診察を行います。
また、2週間程度は、洗顔や入浴の制限があったり、保護メガネの着用が必要であったりします。

定期検診

眼の状態を確認するために、定期的に検診を受けるようにしましょう。

当院の日帰り白内障手術の特徴

  • 安心して治療を受けていただくために、術前術後ともに、患者さんへのわかりやすいご説明を心掛けています。
  • 手術室には見学用の窓がついています。ご希望の方は、ご家族が手術の様子を見学することができます。
  • 経験豊富な日本眼科学会専門医が、安全第一で手術を行います。
  • 院内や手術に使用する器具の衛生管理を徹底し、院内感染予防に努めています。
医院ブログ