小児眼科

小児眼科について

他の病気と同じように、眼にも特に子供の頃になりやすい病気があります。一方で、早期に治療を開始すれば治るものも多いため、もし少しでもお子さんの眼に異常を感じましたら、早めにご相談にいらしてください。

小さいお子さんは自分で見えにくさを説明することができません。また、片方の眼だけでも見えていると、本人にも自覚症状がないことがあります。そのため、お母さんやお父さんが、子供がテレビを見る時の距離や会話の中で、気づいてあげることが重要です。

弱視

私たちの眼は、生まれた時からはっきりと見えているわけではありません。生後半年くらいすると急激に眼の神経が発達し、6歳くらいまでに見え方が大人と同じになります。この時期に何らかの理由で視神経が発達せず、見えにくいままになっている状態を弱視と言います。

弱視は成長が止まる前に治療を行えば、多くの場合、問題ない状態にまで視力が発達していきます。お子さんが、両目では見えていても片眼では見づらそうにしている時は、念のため早めに検査を受けるようにしましょう。

斜視

片方の眼が外側か内側を向いている、あるいは左右の眼の高さが違う状態を斜視と言います。斜視になると片方の眼は無意識のうちに使わなくなるため、弱視も併発することが多くなります。お子さんの眼の向きが気になる時は、早めに治療をするようにしましょう。

早期に治療を始めれば訓練で改善することがありますが、ある程度の年齢になると、眼を引っ張っている筋肉の一部を切る外科処置が必要になります。

医院ブログ