緑内障

緑内障とは

緑内障は、成人が失明する原因のトップになっている疾患です。視神経に傷がつくことで視野(見える範囲)が欠けていきますが、視野の真ん中が見えていると病態が進行していることに気付かないこともあります。

原因としては、長年「高すぎる眼圧」と関係があると考えられてきましたが、近年は眼圧が正常値に収まっている方でも緑内障を発病する方は多いということが明らかになってきました。

眼科根崎医院ではOCT(眼底像撮影装置)を使って視神経の様子を直接調べる検査、そして眼圧や視野の検査も実施しています。40歳を過ぎたら一度は緑内障の検査を受けておくようにしましょう。

緑内障の症状

一般的には、視野が少しずつ狭くなっていくため、ほとんど自覚症状はありません。定期的に検査を受けていない方の場合は、気がついた時には既にかなり進行しているということがほとんどです。
また、中には急性緑内障と呼ばれる疾患もあり、こちらは急激に眼圧が上昇し、眼が痛い、頭が痛い、吐き気がするといった症状が現れます。

一度傷ついた視神経を回復させるのは難しいため、早めに気づいて進行を食い止めることが重要です。

緑内障の治療

眼圧コントロール

眼圧が低くても緑内障になることはありますが、やはり高いとより視神経を傷つけてしまうリスクが増えます。複数の点眼薬の中から患者さんに本当に合うものを見つけながら、眼圧を長期的にコントロールしてくことになります。

レーザー虹彩切開術(LI)

眼の中には房水と呼ばれる水分があり、隅角という出口から排出されていきます。しかし、この隅角が狭いと、房水が眼の中で溜まって眼圧が上昇してしまいます。そこで、レーザーを使って近くにある虹彩と呼ばれるところを開き、房水が隅角に流れやすい状態を作ります。こちらは、主に急性緑内障の予防目的で実施する治療法です。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

こちらは、隅角に直接レーザーを照射して、房水の流れを良くします。この治療法によって、およそ7割の方は眼圧が下がると言われておりますが、万が一、再び眼圧が上昇してきた場合は再度レーザーを照射することになります。

痛みはほとんどなく治療時間も短いため、患者さんの身体的な負担はほとんどありません。

医院ブログ