診療内容

白内障

加齢や糖尿病などの影響で水晶体が白く濁り、白い霧がかかっているように見える病気です。
視力や見え方に影響が少ない初期段階では、点眼薬で進行を遅らせて様子を観察します。日常生活に支障をきたすほど進行した場合は、水晶体の白い濁りを取り除く手術を行います。

緑内障

眼圧の上昇等などが原因で視神経が傷つき、視野が欠けてくる病気です。放っておくと完全に見えなくなってしまうとても怖い病気ですが、20年から30年かけてゆっくり進行するため自覚症状が乏しく、受診が遅れがちです。糖尿病が原因で緑内障を発症することもあるので、注意が必要です。

網膜剥離

視野が急に暗くなったり、視野の中で急に見えないところが出てきたりする病気です。網膜の視細胞層が色素細胞から離れることで網膜に穴ができ、そこから剥離が起こってくる場合がほとんどです。

老眼

水晶体の加齢性変化で視野が狭くなり、日常生活で必要な視野範囲を明視できなくなる病気です。1種類以上の眼鏡、または多重焦点レンズ、二重レンズの眼鏡が必要になってきます。

飛蚊症

蚊が飛んでいるように見えたり、小さな濁りがあるように見えたりする病気です。飛び回っているものの数が急に増えたり、視野に光が飛んで来るなどの異常を感じたりした場合は、早い段階で受診しましょう。

加齢黄斑変性

網膜の中心組織である黄班(おうはん)が障害されることで、視機能が正常に働かなくなる病気です。視野の中心が歪んで見え、神経細胞が死んでしまった場合には黒い点となって見えます。失明に至るケースもある怖い病気ですが、片目だけ発症した場合、もう片方の目で見るため症状に気付きにくいようです。

結膜炎

結膜が炎症を起こして充血し、目やにが出る病気です。原因は、細菌性・ウイルス性・アレルギー性のものがあります。急性の流行性結膜炎と慢性の濾胞性結膜炎などがあります。

ものもらい

瞼の内側に炎症を起こし化膿するため、ゴロゴロとした異物感や痛みを感じます。腫れや痛みで目が開けられなくなることもありますが、人にうつる心配はありません。

ぶどう膜炎

眼球は、3つの膜でつくられており、2つ目の膜がふどうの形や色をしているためにぶどう膜と呼ばれています。ぶどう膜は脈絡膜、虹彩、毛様体という部分から構成されてますが、そこにおきる炎症がぶどう膜炎です。ぶどう膜炎の自覚症状としては、眼が赤い、痛い、まぶしい、涙が出る、見づらい、かすんで見えるなどの症状があります。ぶどう膜炎には重症化してしまうものが多く、なかには失明する場合もありますので、これらの症状がでたらすぐに眼科を受診することが大切です。

ドライアイ

眼が乾くと、まばたきがしづらくなったり、視界が見えづらくなったりするだけでなく、頭痛、吐き気、肩こりといった症状を引き起こすこともあります。たかが眼の乾燥だと放置せずに、きちんと治療を受けるようにしましょう。

眼が乾くと、まばたきがしづらくなったり、視界が見えづらくなったりするだけでなく、頭痛、吐き気、肩こりといった症状を引き起こすこともあります。たかが眼の乾燥だと放置せずに、きちんと治療を受けるようにしましょう。

ドライアイの治療は、基本的に目薬を処方することになります。また、スマートフォンやパソコンの使用時間を減らす、ストレスの原因を解消するといったことも、ドライアイの解消に繋がることがあります。

ドライアイの症状

  • 眼が乾きやすい
  • 充血する
  • 眼が疲れる
  • 眼に不快感がある、異物感がある
  • 視界がかすむ、見えにくい
  • まぶしい
  • 目やにが出やすい
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 吐き気

眼瞼けいれん

疲労やストレスが溜まると、末梢神経が興奮してまぶたが震えることがあります。これを眼瞼けいれんと言い、通常はきちんと休みを取って目薬を使用すれば症状は改善されていきます。ただし、中には脳内に腫瘍ができていることが原因で大きな痙攣を引き起こすこともあり、その場合は脳の精密検査を受ける必要があります。

疲労やストレスが溜まると、末梢神経が興奮してまぶたが震えることがあります。これを眼瞼けいれんと言い、通常はきちんと休みを取って目薬を使用すれば症状は改善されていきます。

ただし、中には脳内に腫瘍ができていることが原因で大きな痙攣を引き起こすこともあり、その場合は脳の精密検査を受ける必要があります。

眼瞼けいれんの症状

  • まぶたが震える
  • 瞬きが多い
  • 眼が乾きやすい
  • 眼に違和感や異物感がある
  • 勝手にまぶたを閉じてしまう
  • まぶしい
  • 目を開けているのがつらい

糖尿病網膜症

網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つで、眼の中で光を受け取り脳に信号を送る網膜に障害が起き、最悪の場合、失明してしまうことになります。糖尿病の方は、必ず定期的に検査を受け、網膜症が進行しないようコントロールしていくようにしましょう。また、食事や運動などの生活習慣を改善して、糖尿病そのものが悪化しないようにすることも重要です。

網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つで、眼の中で光を受け取り脳に信号を送る網膜に障害が起き、最悪の場合、失明してしまうことになります。糖尿病の方は、必ず定期的に検査を受け、網膜症が進行しないようコントロールしていくようにしましょう。

また、食事や運動などの生活習慣を改善して、糖尿病そのものが悪化しないようにすることも重要です。

糖尿病網膜症の症状

  • 視界に虫のようなものがちらつく
  • 黒いカーテンのようなものが見える
  • 視力が低下する
  • 失明する
医院ブログ